アメリカ留学日記

アメリカ・ミネソタの大学に正規入学してます。日々の記録。お手柔らかに…。

みんな意地悪な話

やっほー!ゆうなたりーです!!

 

お久しぶりです。夏休みに入りました。

といっても、サマークラスをオンラインで受講しながら、月〜金までバイトしてるのでめっちゃ忙しい。

 

バイトを通して、新しい友達もできたよ!

でも、最近またアメリカで過ごす難しさに悩んでいる...

 

バイト仲間は全員留学生。

夏休みに大学の近くに残る人は、家がめっちゃ遠いか、留学生しかいない。

留学生でも、ほとんどみんな帰国するから、「絶対国なんて帰んないぞ!」って根性がある人とか、めんどくさくて帰りたくない人、ぐらいしかいない。

 

こうなれば、みんなで仲良くして楽しく夏を過ごせばいいんだろうけど...

 

とにかく、毎日喧嘩が起きる。誰か泣く。みんなわがまま。

 

もうなんか悲しい。例えば

A: Hey, do you know what we do next?

B: I don't know. Why you asked me? I am not a supervisor.

 

So mean!!!!

 

なんで?なんでわかんない、ごめんね。って言えないの???

しかもBは日本人。どうしたの?なんでそんなに意地悪なの???

 

とても悲しい。一緒に働いてるし、よく日本語で話してて楽しいけど、

なんでそんなに英語で話すと意地悪になるわけ?日本語で話しても時々意地悪だけど笑

 

正直、この五ヶ月でアメリカに死ぬほど嫌気がさしてる。

こんな嫌いな国初めてだわ。来た最初から嫌いだった。

 

とにかく人が意地悪。ミネソタナイス、って聞いてたから、いい人がいっぱいなのかと思ってたら、8割型ぐらい意地悪。

特にみんな他人から利益を取ろうとする。それを警戒して自己防衛ばっかりしてるから、自分も意地悪になって、その後でとても気分が悪くなる。

 

例えば、宿題とか毎回丸写ししようとする人がいる。

「ゆうな見せて〜!」って笑顔で言ってくる。拒むと自分が意地悪になった気分になる

 

「貸して〜!」って言われてもの貸したらほとんど帰ってこない

 

「**時に集合ね〜!」って言ったら30分こないとかザラ。それでも何も言わない相手。

 

 

正直ここまでくるとだいぶ限界。とても心が荒む

 

 

空気も綺麗で空も青くてリスやウサギが庭にいる。アパートも日本の倍以上の広さ(アパートに引っ越して夏休み中は一人暮らししてる。やっぱ楽)。

 

それなのにいつもモヤモヤする。幸せな感じがまるでない。

飛行機を見て「あれに乗ったら日本に帰れるのかなぁ」と考える。

 

 

なんてとこに来てしまったんだろう、私は。

 

英語下手くそな人同士がお互いのアクセントをけなし合い、

冗談がヒートアップして、誰かを泣かせる。

 

英語の問題は特に顕著で、アジア人の英語は特にバカにされる。

私は日本人のアクセントがあんまりないらしいけど、明らかに日本人アクセントの人は、こっちに3年とか住んでも直らないらしい

 

直す気がないのかな。RとかTHとかなんでそうなる?って私も思うけど。

 

でも、それで他人が「R言ってみ???ははは!英語で話せよ〜!!」

とか言うのは相手のことをまるで考えてない。

 

日本じゃありえないような発言、飛び交いすぎで疲れた。

 

今日の最後には

My friend: Hey, Yuna! TGIF! Chill!!!

Me: Huh, Friday is not special for me cuz I don't have that culture in Japan.

My friend: C'mon! You are in the U.S.! Here is not Japan! Forget it!

Me: You know what? Wherever I am in, I am always Japanese. TGIF? God, I don't have religion. 

My friend:Ok, but I was talking about the restaurant, TGIF hahaha!

 

 

KIdding me!!!

最後の何???話あっちこっち行きすぎてついていけないよ

 

 

疲れた。月曜日はMemorial dayだから仕事がない。勉強しよっと

 

愚痴ばっかでごめんなさい。日本には多分帰らない(将来住まない)けど、アメリカに将来住むのも難しい気がする。カナダみたいな人があたたかい場所に住みたいなぁ

 

Bye!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ来て、良かった。

やっほー!ゆうなたりーです!

 

ブログ書くのだいぶ久しぶりだな〜

 

実は今日まで期末テストがあったから、ずっと勉強してた。

普通「勉強した!」って言わない(日本人の気質?笑)けど、

今回は、文字通り「勉強した」笑

 

今学期はアメリカに来て初めての学期だったから、飛ばさずに

13単位しか取らず(アメリカの大学ではフルタイムの生徒は通常12単位〜21単位まで取れるよ)、まあのんびりできる時間も多々あった。

 

だけど、最初は授業に慣れるのが本当に大変で、アメリカの大人数で受ける講堂タイプの授業に圧倒されたり、逆に少人数でのディスカッションの授業で、みんなが何話してるかわからなかったりして、精神的に本当につらかった。

 

 

毎日とにかくSpeak up!!をモットーにして、みんなが何話してるかわからなくても、だいたいこういうことなのかな?って予想して話したり、逆に「どういう意味?」って聞いたり、とにかく黙ることはしなかった

 

教授のオフィスアワーには進んで行ったし、とにかく、前に、前に、前に!それだけ考えてた。時には泣きそうだったし、実際泣いてたし(笑)、なんでアメリカ来ちゃったんだろう、ってずっと考えてた。

 

本当につらい4ヶ月だった。人生で、一番、本当に辛かった。

毎日正露丸、頭痛薬。口唇ヘルペスも週1でなって。おまけに10キロ太った笑(これは自分のせい。食堂で本当に「全部」食べた)

 

でも、頑張った、って言える4ヶ月だったから、成績もすごく良かった!本当に嬉しかったし、心配する必要なんてなかった。日本でA取れたんだから、アメリカでもAは取れるって体現できた!

 

いつの間にか、英語しか話さなくなって、独り言も英語になって。友達もめっちゃできて、キャンパス歩けばめっちゃHi!っていう人がいる。

 

全部、私がこの4ヶ月、自分で成したこと。

 

今日、友達の寮の屋上に上って夕日を見た。

そこに広がる広大な土地とキャンパスは、まさに、私がイメージしてた「アメリカ」、

私が来たかった場所だった。

 

地に足をつけていた時は、全然気づかなかったのに。私は、自分の意思でここに来た。

そして、この場所は私がイメージしたものがある、私が望んだ「アメリカ」なんだ

 

ああ、私の選択、間違ってなかったんだなぁ。

 

そう思ったら、嬉しくて、ちょっと泣きそうになった。

 

つらくて、苦しんでいる時。

何をやってもうまくいかなくて、誰も自分を理解してくれない、って思う時。

 

そんな時は自分しか見えない。周りが見えない。自分がいる場所を正しく認識することすら難しい。

 

今日、高い場所から、普段何気なく見てきた景色を見下ろして、

ようやく気づいた。

 

まだまだ始まったばかりだけど、これからもっとこの場所が好きになる。

そんな学校生活が来学期もあるって、確信できる。

今度は19単位取りながらバイトもするからもっと大変になるだけど、

まだまだできる!

 

だって、できない、って思った正規留学も、

Aなんて取れない、って思ったクラスも、

友達になれないって思った人とも、

全部うまくいったから!

 

想像できることはすべて実現できる。

 

Bye!

 

 

 

 

 

留学して、今。

やっほー!ゆうなたりーです!

 

めちゃくちゃセンチメンタルなので、気持ちを整理すべく、ブログを書きます。

 

こっちに来て4ヶ月が経とうとしています。英語もだんだんスムーズに出てくるようになって、人と話すときも緊張することが少なくなりました。

英語を褒められることも増えました。授業もほとんどAです。これが初めての学期、と考えればものすごく順調なんだと思います。

国籍関係なく、たくさんの友達ができました。私の部屋で、朝の6時まで話したこともありました。

宗教への理解を深めるべく、プロテスタントの友人と共に、教会、バイブルスタディーに参加しています。

イベントがあれば、課題などない限り、進んで行くようにしています。オーナーズプログラムでは国際学生はわたし一人ですが、積極的に交流しています。

バイトも夏休み、秋学期共に決まり、お小遣いは自分で稼げそうです。

 

と、まぁ並べて書いてみれば、お前逆になにが不満なんだよ?っていうような留学生活です。恐ろしいほどうまくいっています。

 

でも、なんだか何かがおかしい、という気持ちになり始めたんだよね。

自分が、確実に自分が、わたしが留学しているのに、わたしがこれをやってる、という自覚がまるでない。

そして、わたしは誰のことも理解していないような、そしてわたしのことを誰も理解できていないような、そんな気持ちがずっと続いてる。

さらに、わたしは自分が英語を話せる、という事実が未だに信じられない。わたしはこの人たちと日本語で話しているんだ、わたしの友人、教授は本当は日本語が話せるんだ、という風に考えてしまう。

 

書いててもおかしい、って思うけど、どうして、どのように違う言語で理解し合っているのか意味がわからない。

そして、宗教とか、価値観とか、いろんな今まで出会ったことのない観念にこの4ヶ月、もみくしゃにされて、疲れた。

自分は日本人、って思うことが増えた。でも、他の日本人留学生を見ると、自分が日本人だと言える自信がない。わたしのリアクションや考え方は、確実に変わって来ている。フレンドリーになったし、知らない人に「あなたの髪型、好きだよ!」とか自分でもびっくりするようなことが口から出てくる。

 

自分がここで見ている空、太陽、月は日本で見ていたものと同じはずなのに、わたしと同じタイミングで、日本にいる大切なひとたちは、この空、太陽、月を見ていない…そんなことがずっと続いたら、もう今まで分かりあえてきたことすら、わからなくなってしまうんじゃないかと思う。

 

なんか小説でも書けそうだ笑

でも、もはやここにいる自分は自分じゃない、何を考えているんだろう…朝起きたら英語で考えているなんておかしいし、アメリカかぶれした日本人に嫌悪感を抱いていたからこそ、自分が受け入れられないのかもしれない…

 

バイリンガルになるって、相当難しいし、精神的にも弱ります。

 

留学する前に大学の友達に言われた。

「ここじゃないどこかに行きたいんでしょ。自分にはここは合わない、って思ってるでしょ。でも、どこに行ってもそう思い続けるし、自分に合う場所なんて、この世界のどこにもないよ」

 

今、その言葉を思い出して、なんだか、もう、よくわからない。ホームシックなんてない。だってこれは夢だったから。夢は楽しいはずだから。夢を叶えた人は、笑っているはず。日本に帰りたくない。ここがわたしの来たかった場所。

 

そう言ってるけど、本当にそうなのかな。

 

 

高校入学した時に、英語話せたらどんなにかっこいいだろう、って思ってそれからずっと夢見て来たのに、英語話せるってダサくて、最悪だなって思ってしまう。

 

わからない方がいいこともあるんだな。

無知は人を傷つける、って高校の時の教師は言いましたが、

知らないことが多い方が、幸せだとここに来て気づいた。

 

Thanks God! って誰かが言うけど、なんで?

それはあなたの努力だよ。

 

 

Bye!

 

 

太った自分でも自信を持とうよ

やっほー!ゆうなたりーです!!

 

最近太った太った言ってるけど、

昨日この動画を見たんだよね

 


♡ぺこちゃんねる♡私のダイエットについて♡©スターレイプロダクション

 

ぺこちゃんがダイエットについていろいろ話している動画。

 

何が言いたいかと言うと、太っている自分を受け入れてあげるということ

太ってても可愛い、って思っていいってこと。

 

 

何言っとんじゃい、痩せろ!!!って思う人がほとんどだと思う

林修先生も「ストレスはノーカロリー。大の大人が自分で望んで食べると決めて食べ、太った」って言っていた

 

本当にそうだと思う。私がアメリカ来て、このたった3ヶ月で6キロ(去年の7月からは9キロ)太ったのは、ただの甘えで。アメリカの生活がストレスいっぱいで、だから食べちゃう、とか、言い訳で。

 

で、痩せなきゃいけないとずっと思ってた。太ってる自分が本当に大っ嫌いだし、写真も撮りたくなくて、SNSに写真をほとんどのっけたくなくなった

 

だって、日本にいる人に「太ったよねー」って言われるのが目に見えてた笑

 

でも、そんな「太ったよねー」と言われたところで、それは事実で、一番気にしてるのは、その写真を見て「太った」と一番自覚している自分

 

日本から持って来た服がきつく感じて、いままで背中に肉なんてついたことなかったのに感じる違和感

 

太った自分が大嫌いだし、ここに来て一度過食症が止まらなくて毎食8皿食べても止まらなくて、カウンセリングもしたけど効果はなかった。当時はピルを飲んでて、前にピルをやめたら過食が止まったから、今回もやめて見たらすんなり過食が止まった

 

 

でも、そんなのが今回の話したいことじゃない。

 

今までは「こんな自分になりたい」を目前に掲げて、それを達成するためにひたすら動いて来たけど、

ここに来て自分のなりたいスタイルになれなくて本当にどうしていいかわからなくなった

 

太った、って話をするたびに泣けてくるし、バカみたいなんだけど

太った自分が許せない。だって大の大人が食欲すらコントロールできなくて、ほかに何ができるっていうの?って思う。だらしがない。

 

でも、この動画では「自分を好きになって、今も十分自分可愛いけど、もっと可愛くなれるよね。ってことでダイエットする」

って言ってた

 

日本だと、なかなか「自分可愛い」って言わないよね

アメリカだと試着した時とか、メイクとかした時とか「私可愛く見える?」って聞くのは変じゃないし、自分に自信を持っているのがとってもいいこと

 

だから、今の自分にも自信を持ちたい。太ってるからって自分がクソだって思うのをやめたい。

もちろん太っている自分が嫌だし、改善したい。だけど太った自分に悩んで、鬱っぽくなって、泣いてる自分はもっとやだ。

 

 

かっこいい人がいて、みんなに「話しかけなよ!!!いけ!!!」って言われて、

「でも太ったし…」って言って社交的にならず、友達をがっかりさせる自分もいやだ笑

 

どうしたら太ってる自分を受け入れられるんだろう?ブサイクな自分でも大好き、って思えるんだろう?

 

SNOWを使ってそれをSNSにさらしてるみんな!

どうして「わたしかわいい」って思えるんですか?!?!

わたしはあんな犬の耳とか目が巨大になるよくわからん機能で顔隠してるのが許せない!!!真っ向から勝負しろ!!!

 

 

はあ〜〜〜精神状態の安定を求める。

とりあえず5月で今学期終わるから、それまではダイエットなどせず、食べて、週3ジムは継続して、勉強に集中

 

夏休みはブロッコリーとチキン、卵の生活で10キロ落とします。

 

 

何が言いたかったのかよくわからない笑

自分に自信を持ちたいです。

 

 

Bye!

 

 

 

アメリカ来て3ヶ月経った

やっほー!ゆうなたりーです!

 

正直ブログずっと書いてなくて存在すら忘れてた笑

 

今日でアメリカ来て3ヶ月が経ちました!

短期留学だとここで帰る頃だよね

何が変わったか?英語うまくなった?太った?彼氏できた?

 

一概に何が変わったというと、確実に太った笑

人生で最高にデブだけど、ジム通ってるから筋肉も肥大化して、見た目はそんなにわからないけど、とにかくやばい体重笑

過食は止まったけど、体重はそんなに変わらない〜

 

こないだまで体重めちゃ気にしてたけど、最近勉強忙しすぎて、体重なんて気にする暇もなくなった笑

 

英語について。ここについた時は、ずっとhow to say...って3秒ごとに言ってた

今も言うけど頻度は減った。まぁ最初から物怖じするくせに前に出る性格だからクラスでも発言したりしてた。英語通じなくてもなんども言ったり言い方変えたりしてたから今まで通じなかった、ってことはないんだけど、それでもやっぱ凹む。

発音は他の日本人よりマシだよ(失礼)ってよく言われるから、それは大丈夫かな

でも自分が言いたいことを伝えられないつらさ、相手が何言ってるのかわからない悲しさ、そしてもはや自分が何を言いたいのかすらわからない、って言う連鎖がここまですごくつらかった。ずっと英語話してるせいか、考えるときも、独り言も英語になって来て(大げさじゃなくて、意識してなくてもこうなるよ)今まで日本語だったのに、なんかそもそもの言葉の概念が違うっていうのかな?言葉を雰囲気で捉えてたことが多かったから、自分が探してる言葉が見当たらない、ってことが最近連発して、困ってる。

英語うまくなるのかな。昨日はうまく話せたのに今日はクソ下手くそだな。そんなことを考える日々。半年経てば良くなるかな。うーん。

 

彼氏は、できてません。できる予定もありません!

 

 

あとここ3ヶ月でやったこと(ポジテイブ)

バイトに多数応募する。女性学をマイナーにする。アパートの契約をしに行く。新しいルームメイトを見つける。キリスト教のグループに参加する。テニス部に来学期から入るためにミーティングをする。ジムに週3行く。ヨガのクラスに行く。学校のイベントにたくさん参加する。インターナショナルパーティに参加する。ミネアポリス旅行する。ショッピングモールに春休み行きまくる。スキーに行く。オーナーズのミーティングに全部出た。エチケットディナー講座に参加する。一時間のクラスのプレゼンを成功させる。小テストでAをとる。ボランティアをする。友達の家に行く。友達の誕生日パーティ。日本にいるたいせつな人と連絡をとる

 

これくらいかな?

 

次、ネガティブ

食堂の中華料理でお腹壊す。ショッピングモールの中華料理でお腹壊し、もうアメリカで中華食べないと決める。友達とけんかして泣く。英語クソすぎてルームメイトのスラングよくわからん。食べすぎて去年の夏から8キロ太る。日本人に溶け込めてない。

 

 

かな

 

そんなにひどくない気がする!

 

まぁ3ヶ月ってこんなもんなのかな…

すごく早かった、ここまでくるの。授業もついていけてるしこのまま頑張ればいい成績取れそうだけど、でもストレスがバカみたいでわろた

学校に毎日1時まで(夜中)いるけど、こんなの日本じゃ逆にできないことだし、来学期からアパートに引っ越すから、寮に住んでる今だからこそできることだと思う

 

いつだって、振り返ったらよかったなって思えるのが人生だから、それを忘れないようにしたいなぁ

 

あとここにいない人のことも忘れないで、大切だったものはずっと大切だって思える自分でいたい

一緒にいなくても支えてくれているひとがいることに感謝したい

もっと優しい気持ちを心の真ん中にもっていたい

 

そんな感じです

 

明日は味噌汁百人分作るという変なボランティアをする!

おいしい味噌汁作るぞ!

 

Bye!

ナイフ持って迫られたりしたけれど

やっほー!ゆうなたりーです!

 

なんかブログ書くの久しぶりになってしまった… 春休みが今日で終わったよ!

といっても、明日は私授業ないからまだ春休み、って言えるんだけどね

 

ここ最近は本当にいろんなことがあったな〜

初めて友達とここで喧嘩した笑

喧嘩っていうか、なんだろう? なんか最終的にはその友達がナイフを持って私に迫ってきて" You wanna kill me? huh? Yeah kill me! Hey kill me huh?" って言ってきた笑

 

もうわけがわからず泣いた笑

友達と言い争って泣くとかほんとに中学以来な気がするけど、めっちゃ怖かったし本当にどうしていいかわからなかった笑

 

この話みんなにするとジョークだと思われて笑われるけど、向こうはガチで、本当にナイフ持って迫ってきたから笑えたもんじゃない。しかもどうやってその状況を回避するかどうかもわからず…

 

はあーーーーやっぱ英語も難しいけど文化の違いも拭えないです

時間とか誰も守らないし、お金は帰って来ないし、約束場所に人は来ないし。

 

日本は素晴らしい国でした笑

 

アメリカ来て気づいたのは、何でもかんでも思ってること言ってもだめってこと

アメリカだからって「お前の髪型変だよ」ってそのまま言ったらみんな嫌な気持ちになるし、言い方にはやっぱり気をつけなくちゃいけない

 

私のなんでもズバッと言ってしまうところは、アメリカでも短所で。

ちゃんと遠回しに言う、っていう日本人の心を持つことはどこに行っても大切だと気づいた。

 

ふぅ。

 

でも悪いことばかりじゃない!

今日他の大学から来てる人と話したんだけど

"Did you go to university in the US? You don't have Japanese accents"

って言われた!Hooray!

 

でもこれには続きがあって

 

" You know, in my class, there are some Japanese ppl and I don't understand what they are speaking"

 

だって(´・_・`)

 

なんか失礼だよね笑

 

どこに行っても言われるんだけど、「日本人英語話せないよね?」みたいな風潮なんなの?

それで褒めてるつもりなのかな?私としては単純に「英語うまいね!」っていわれるだけで嬉しいのに、そこに「日本人なのに〜〜〜」って付け加えられるとなんか残念だなって思っちゃう

 

でもそれと同時に日本の英語教育まじでなんなんだろうって思う

他の国の子を見ててもここまで英語話せない人種って日本人くらいかも、って思う時あるし…

教育のせいなのかシャイな性格のせいなの問題なのかはよくわからないけど

 

 

まぁ来て二ヶ月で褒めてもらったのは嬉しかったし、もっと上達したいなって思った!

ルームメイトともだんだん仲良くなって、ロードトリップしようとか話してるし、だんだん詰まってた耳垢が取れて来たように(汚くてごめんなさい笑)なんか聞き取れるようになってきた!

 

うーし今日はバイトにもアプライしたし、明日も頑張るぞー!

 

Bye!

 

 

まとまりないけどやっと春休み!

やっほー!ゆうなたりーです!

 

わーーーーーい!中間テストが終わったよ〜〜〜!!!

 

 

正直2週間以上ブログ書いてなくて、まぁそんな余裕がないくらいめまぐるしい日々だった…でも何をしたのかよく覚えていない笑

 

とにかく図書館で勉強していた気がする…

 

アメリカに来てから二ヶ月が経った。

慣れたって言ったら慣れたかも

 

英語も聞き取れるようになってきてるし、自分でもわかるくらいに英語は上達してる(はず!笑)

まぁ毎日ずっと英語聞いて英語読んで英語話してたらよくなるのは当たり前だね…

 

だけど、やっぱりまだまだだし、自分の問題は、英語は話せるんだけど、人によって話せなくなっちゃうところだと思う

 

たとえばスーパーで買い物する時とかは、店員さんが知らない人でも、今後自分の生活において関わることとかはないから、平気でガンガン話せる

だから、その結果声も大きくなって、喉も開いて、発音もよく話せる

 

だけど、ルームメイトとか、クラスにいるアメリカ人と話すときはなぜか全然話せない!

なんだろう、喉がしまっちゃう。声が出ない、って感じ

病気かな?笑

もはや英語の問題じゃないね…精神的なものかな笑

どう思われるんだろう、とか考えると何にも話せないし単語も出てこないんだよね

 

現に私が他の留学生と話してるときは、何にも気にしないでぺらぺら言えるから

冗談とかも言えるし「お前どっかいけよ!迷惑!」みたいな強いことも言える笑(仲良いから言えるんだけどね)

 

だけど、アメリカ人相手だと(まぁアメリカ人でも人によるけど)ぜーんぜん言葉が出てこない!!

 

 

それから、日本人と話すとき。

 

アフリカ人の友達が「ゆうなちゃん知ってるけど話したことないなぁ〜なんかあまり日本人のところに来ないからね〜」って話を日本人の子に話されたらしい

 

なんか申し訳ない。

だけど、そもそも日本にいたら絶対仲良くしない人たちとどうしてアメリカだからといって、日本人だからってだけの理由で仲良くする必要があるの?笑

 

 

こないだも知らない日本人の男の人に話しかけられて「日本人同士、情報が一番大事ですから!いつかはあなたも日本に帰るってことを忘れないでください!」

って言われた

 

何これ?笑

 

正直、こっちにきてこんなに日本人と仲良くするのに苦労すると思わなかった笑

 

みんな日本人同士で固まっちゃうのが悩み、って言うけど、私は一緒にいて正直全然快適じゃない…

 

だから仲良くしなくていいんだろうけど、「なんでこっちに来ないのかな?」みたいに言われると、なんか仲良くしなくちゃ、みたく思っちゃう

 

うーん

 

そして、全然話は変わるけど、好きになった人(恋愛の意味じゃないよ)はどんどん違う場所へ行ってしまう…

 

ついにはルームメートまで来年はここにいないってわかった

彼女、わたしにだけ編入の話を言ってくれて、すごく嬉しかったけど同時に悲しかった

 

ほかにも仲良くなったネパール人の男の子は来学期からカリフォルニア

 

ほかの仲良いアメリカ人の男子は来学期からコロラド

他の仲良い人は卒業してどっか行く

 

 

なんかもう仲良くなったら「これはあまり周りに言ってないんだけどね…」

ってバラされる笑

 

なんか悲しい

 

私もずっとアメリカにいるかはわからないし、アジアの他の国で働きたいから、ずっとここにいる、って言えないけどさ

 

でもやっぱ仲良くなった人がどっかに行ってしまうのは悲しいよね…

 

やっぱり一瞬一瞬を大事にしよう

 

さて!明日は授業がないし友達の誕生日会にタイ料理レストランに行く!

 

楽しみ〜〜〜〜!!!!!

 

春休みが始まる!楽しむぞ〜〜〜!!!!

 

Bye!